プロフィール

いるか

Author:いるか
相棒と一緒にネットショップ『おやじ屋』やってます♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Diamond Dust
北海道が大好き。身近なことから旅の思い出までお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道命名の地・・・音威子府村
我が、一村逸品ネットショップ『おやじ屋』の、一番最初に紹介したところは、道北の「音威子府村」(おといねっぷむら)

それは置いといて~

今朝の北海道新聞にこんな記事が載っていました。

110109_1944311.jpg  

おっ! 松浦武四郎さんではないか!
内容をかいつまんで紹介すると、幕末の探検家、松浦さんは蝦夷地と呼ばれていたこの地に「北海道」と命名をした人。
坂本龍馬が、蝦夷地の警護を考えていた時に、松浦さんとの接触を支持した可能性があるとのことで、
昨年の龍馬の影響で、幕末ブームに火がつき、本州のあちこちで松浦さんの企画展が開催されていて、現在は2月19日まで東京・京橋のINAXギャラリーで開催されているそうです。

で、この松浦さん、『おやじ屋』の音威子府村の紹介にもちょこっと書いてありますが、1857年幕末に、音威子府村筬島(おさしま)地区の天塩川で、アイヌの古老と酒を酌み交わしながら、『北海道』と命名しました。

224.jpg

これが天塩川沿いにある、命名の地。

そして、天塩川。

DSC00632.jpg


大きくて、のどかな流れの天塩川は、カヌーの有名な川で、全国からカヌー愛好家がやってくる川です。

そして、筬島駅(おさしまえき)

220.jpg


初めてここ音威子府村に行った時は初めて行ったのに、とても懐かしい感じがして、何度も訪れたいなぁと思う村でした。

ちょうど秋の終わりの頃でしたが、周りは色とりどりの紅葉。

223.jpg


冬はこの筬島駅のホームに立っていると、聞こえるのは雪の音。
深々と舞う雪の音が聞こえるんです。
風の音ではなく、雪の音なんです。

038.jpg

夏はあたり一面蕎麦の畑・・・

DSC00595.jpg

音威子府は黒い蕎麦が有名です。
蕎麦殻も一緒に揉み込んで打つため、黒くなるんです。
音威子府駅構内の「常盤軒」は昭和8年から営業していて、今の店主は三代目。

DSC02655.jpg

音威子府に行ったら、絶対に食べたくなっちゃう。

そして、

『おやじ屋』が紹介している逸品は駅前にある原菓子舗の「鮭みそぱん」
実際の鮭くらいの大きさのみそパンです。
添加物を一切使わず、50年以上使っている釜で焼いたみそぱん。
若い人には新鮮で、年配の私たちには懐かしい味。
流行りのスィーツもいいけれど、日本の昔からある自然な材料を使ったお菓子もいいですよ~
これで、1本500円。
小さい子鮭、10個入りも500円。
おコタに入って、熱いお茶を飲みながら、みそぱんいかがですかぁ~(^▽^)/

DSC00656.jpg


ランキングに参加しています。ポチいただくと嬉しいですρ゛(・・*) ぽちっとなっ♪
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。